ぽっこりお腹ダイエットに効く運動は腹筋ではなく太もも筋トレ!?

目安時間:約 7分
食べ過ぎ

お腹がぽっこりしていると、自己管理が

できていないように見えてしまいます。

 

 

自己管理ができていないように見えてしまうと

仕事にも影響が出てくるので、運動をして

お腹引き締めダイエットをしようと思いますよね。

 

 

でも実は、お腹痩せに非常に効果があるのは

腹筋ではなく太ももの筋トレだというのは

ご存知でしたでしょうか。

 

 

太もも筋トレで体幹を鍛える事で、

引き締まったお腹を手に入れる事ができるのです。

 

 

ついでに太もももダイエットできてしまうので

一石二鳥ですよ!

 

 

ダイエットは継続なり!運動は毎日きまった時間でやるべし!

実はダイエットをする時は毎日決まった時間に

運動をした方がいいのです!

 

 

習慣化もするので、決まった時間に運動を

するメリットお教えします!

 

 

朝から運動をするのであれば朝食前が一番です。

空腹で倒れないか心配かも知れませんが、

朝食前の運動は寝ている間何も食べていないので、

体の糖質が一番少なくなっている時間帯です。

 

 

運動をするにはエネルギーを使いますが、

朝食を食べた後だと、食べたものから

エネルギーにして体を動かしていくので

ダイエット効果は薄くなってしまいます。

 

 

朝食前なら元々体に残っているものを

エネルギーとして燃焼させ、

脂肪を燃やしやすくしてくれるので、

朝に強いなら寝起きの運動がかなり効果的です。

 

 

しかも朝運動すると「今日も1日頑張るぞ!」

と交感神経を活発化させ、いつもより脂肪を

燃やしやすい体へと変化していきます。

 

 

朝は無理!夕方なら…

ランニング

 

朝がどうしても無理ならば、夕方でもOKです。

 

 

夕方は昼間活動してきた交感神経が

一番活発になる時間帯です。

 

 

会社に朝はグダグダなのに夕方になると、

やたら元気になる人がいる事と同じです。

 

 

やる気のある夕方の時間帯を利用して、

一駅手前で降りて歩いて帰ったり、

ナイトプランのあるフィットネスクラブに

通ってみたりして運動すると効果抜群です。

 

 

ただどちらの時間帯にやるにせよ、

風邪も引いてなく具合も悪くないのに

 

「今日は雨が降っているから止めておこう」

 

なんて言ってると、

だんだんとやらなくなってしまうので

よほど具合の悪い時でない限りは、

毎日継続して運動する事がダイエットへの近道です。

 

 

ダイエットで運動してるのに体重が減らないのは食べ過ぎが原因?!

食べ過ぎ

 

毎日きちんと運動もして

ダイエットに取り組んでいるのに、

一向に体重が減らないなんて事があります。

 

 

ダイエットで運動しているにも関わらず

体重が減らない場合、主に食べ過ぎが原因です。

 

 

運動するとどうしてもお腹が空いてしまいます。

 

 

摂取カロリー<消費カロリーにならなくては

体重は減ってくれません。

 

 

今までの体重をキープしているのであれば

摂取カロリー=消費カロリーになっています。

 

 

逆に増えてしまった場合、

摂取カロリー>消費カロリーと

消費したカロリー以上に

食べ過ぎてしまっているのが原因です。

 

 

「いや!食事はかなりセーブしている」

と言い張るのであれば、アメなど

小さい間食をちょこちょことしていませんか?

 

 

この間食も体にとっては摂取カロリーとして

蓄積されていきます。

 

 

ダイエットをして運動もしているのに

体重が減らない場合は

少し食生活を見直してみてください。

 

 

ダイエットの知識がない人に相談をすると

「筋肉がついたからだよ」

と簡単に言ってきますが、

確かに筋肉が増えると体重は増えます。

 

 

しかし筋肉がついてくると体重は増えても

体は引き締まった状態になっているはずなので、

体がぷよぷよのままだったら、

確実に食べ過ぎが原因です。

 

 

まとめ

ダイエットは食事と運動のバランスがかなり重要で、

毎日の積み重ねが必要となってきます。

 

 

太ももはとても大きな筋肉で、ここが

しっかりしていないと体幹部も鍛えにくく、

このままではメタボリック健診で

引っ掛かってしまいますよ。


スポンサーリンク
 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ